リアンプとはDIを使用してギターをラインで録音し、後からアンプを鳴らして収録することです。特にハイゲイン系アンプ等を鳴らす際に一般的な手法で、アンプの位置やスタジオの使用時間などを気にせず収録することができ、また後からアンプのセッティングやマイクの位置などを詰めることでより良い音作りを目指すことができます。
当スタジオではヘッドやキャビネット、スピーカーからケーブルに至るまで厳選された機器を使用します。また、ハイゲイン系のアンプだけでなくパワー管をドライブさせたクランチや、シルバーフェイスのFenderアンプによるクリーントーンまで、あらゆる選択肢に対応しております。
また、立ち会いを行わないメール等でのやり取りにも対応しておりますので、遠方の方もお気軽にお申し付け下さいませ。

DIデータ

必ずデジタルクリップしない音量で、且つある程度の大きさで収録して下さい。最大ピーク時に-3db〜6db程度の余裕がある状態が理想です。

歪み系のエフェクターは使用しないで下さい。また、歪み系以外のエフェクターに関しては掛け録りを推奨いたします。

音色に幅を持たせたい場合はトラック数を分けて下さい。
ファイルの先頭を曲頭に合わせて下さい。提出の際にはアップロード後、一度ダウンロードして解凍し正しく展開できるかの確認をお願いします。

収録用のオケ

ベースのみ別トラックにして頂けると大変助かります。

ラフ音源

音色の確認用に使用します。

楽曲のBPMまたはテンポマップ

曲中で変動しない場合はテキストデータや、オケのファイル名に追加する形で構いません。

その他要望を添えたテキスト等

◯◯と全く同じ音に、という要望にはお応えできない場合があります。

リアンプ
1曲(6分まで) ¥4,000
アルバム1枚(12曲まで) ¥20,000
1曲の尺は6分まで、アルバム1枚の曲数は12曲までとさせて頂きます。超過した場合は1曲分の料金が加算されます。
少数トラックのみご利用の場合は1トラック1000円にて承りますが、原則としてリテイク無しとなります。
なお、セール価格でのリアンプは原則としてリテイク無しとなります。